このサイトではあなたの目のトラブルの対処法や目の健康に役立つ情報をお届けしていきます。

新常識!自宅で簡単にできる視力回復法とは!?TOP > 視力回復方法の理論 > 視力低下とはどのような状態?

視力低下とはどのような状態?について


視力低下とはどのような状態を言うのでしょうか。
視力低下の代表的なものを説明しましょう。

近視
目の中に入りこんだ光が、網膜よりも手前で焦点を結んでしまい、網膜にピントがあわない状態のことを「近視」といいます。

近視になると、近くは見やすく、遠くがぼやけて見えるようになります。
近視はもっとも多い屈折異常で、日本人の約1/3が近視患者といわれています。


遠視
近視の逆で、目に入ってきた光が、網膜よりも後方に焦点を結ぶ屈折状態、または眼軸が短いことが原因で、遠くのものを見たときに、網膜より後ろにピントが合ってしまう症状のことを「遠視」といいます。

遠視はとくに、遺伝や先天的な体質によるところも大きいとされています。


老眼
目のピント調節能力が衰えることでピントが合う範囲が狭くなる、目の老化現象を「老眼」といいます。

老眼は誰にでも起こる生理現象と考えられており、若いときは視力に問題がなかったという人でも、年齢を経ることで老眼になります。



視力回復方法の理論記事一覧

視力低下は病気です。

「視力回復アドバンスプログラム」を開発した理由。それは……「視力は回復できる」 と信じているからです。「目が悪いのは遺伝のせいだ」という方が大勢いらっしゃい...

視力低下とはどのような状態?

視力低下とはどのような状態を言うのでしょうか。視力低下の代表的なものを説明しましょう。近視目の中に入りこんだ光が、網膜よりも手前で焦点を結んでしまい、網膜にピントが...

脳が「治る」と信じれば視力は回復する?

「病は気から」という言葉がありますが、人間の身体は、脳が「思い込む」ことで、良くも悪くも体調が大きく変化します。簡単にいえば、脳が「治る」と信じれば...

ホリスティックという考え方とは?

当プログラムで語られているノウハウのすべては、ホリスティックという観点のもとに構成されています。ホリスティックとは、症状や患部そのものに対するアプローチだけでなく、身体...

身体のバランスが大事です!

東洋医学、いわゆる漢方の世界では、病気の治療は、症状一つ一つに対処するのではなく、身体全体のバランスを整えることで治そうとします。 ...

白内障や緑内障の予防になる栄養素とは?

「白内障」とは、水晶体の中のたんぱく質が変性し、濁ってしまう目の病気です。水晶体が濁ってしまうと、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜...


このサイトではあなたの目のトラブルの対処法や目の健康に役立つ情報を
お届けしています。⇒トップページはこちら